金欠にならないために!年末年始に上手にお金を使う方法

年末年始になるとお金が一気に無くなる・・これを予防したいなら・・

年末年始、実家に帰ると甥っ子だの姪っ子だのが大勢きていて、おとしだまに消えていくとか、飲み会、同窓会等が多くなり、自然と財布が軽くなっていくなど聞きます。
確かに、年末年始はなにかを入用で、ボーナスが入る事もあり気が大きくなって散在することも多いです。

でもその後待っているのは金欠病・・次のお給料日までこのお金でどうやって過ごす?と悩むことになります。
来年こそ、そういう状態にならないために、年末年始貧乏にならないポイントを心得ておくべきです。

年末年始に利用するお金以外持たない、使わない

年末年始にボーナスやその月のお給料を利用するのではなく、あらかじめ、その年の1月から定期的に貯金し、それを利用するようにして、ボーナスや12月のお給料は手を出さないという手もあります。
また最初から年末年始に使える金額を予定しておき、それ以外は銀行から下ろさない、財布に入れないという人もいるようです。

つまり、使えるお金をあらかじめ設定しておき、それ以上は使わない様にすると散在することも無くなります。
使えるお金があるから使ってしまうので、いつも必ず無くなるという人は、定期に入れてしまうという人もいるのです。

参加する飲み会、忘年会は限定しておく

会社の忘年会などは仕事の延長線上ともいわれるので、これは参加する事が必要になりますが、同級生のグループの飲み会とか、大学の時の友人で近くに暮らす人との忘年会など、「いつでもできる飲み会」に年末年始は参加しないと決めておきます。
忘年会や新年会を1つ欠席するだけでも、5000円位浮くのです。

年末年始に利用できるお金をどんなに少なくしておいても、結局、回数が多くなればなるほど、お金がかかることになります。
回数を少なくして、酸化しなければならないところにしっかり参加する、これによって忘年会、新年会貧乏にならずに済むのです。

年末年始、クレジットカードは利用しない

年末年始に利用するのは現金のみ、クレジットカードは一切使用しないようにすると、無駄な出費が予防できます。
クレジットカードをもっていると、現金がないけどカードで払えばいいか・・という気になり、結局使ってしまうのです。

現金だけとなると計算して利用するようになり、無い物はない・・・と割り切る事で散財を予防できます。
翌月、若しくは翌々月になって「ええ?こんなに使った?」と思うほど使っている事もある年末年始、クレジットカードは封印です。

最終的に年末年始、お金をなるべく使いたくないという場合、実家にいてぬくぬくお正月して、食べ物、飲み物など余計な費用を実家にお任せするという方法もあります。
親戚の子供たちのおとしだまが痛いですが、飲み食いにいかないだけでも、かなりお金が浮くのです。

とにかく費用を最小限に済ませるためには何ができるのか、考えることが必要になります。
また一年の計ということで、12月の間に保険料のような毎月の出費を見直しておくこともいいでしょう。
特に20代までの間は、1000円で大きく懐具合が変わります。
比較的乗り換えしやすい自動車保険から見直しましょう。
10代・20代(年代別)|自動車保険ランキング<オリコン顧客満足度>

年末年始の出費を抑えるため、アルバイトOKの会社に勤めている人等は、年末年始、スキー場やホテルなどのアルバイトに行ってお金を貯めるというつわものもいます。
そこまでしなくても、節約できるところはしていきましょう。